晴走雨奏

アクセスカウンタ

zoom RSS 12/2〜3:丹波山村

<<   作成日時 : 2006/12/03 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 3

恒例のカオス忘年会in山梨・丹波山村。今まで上手くスケジュールが合わず奥多摩湖で引き返したことしかなかったが晴れてフル参加となった。9時に清瀬集合、オレは9時15分に途中合流、保谷、小糸、丸山、中原、柳川と6名で走行。青梅街道旧道〜岩蔵街道〜ここで武重さんが追い付いてきて7名〜再び青梅街道に戻り奥多摩駅近くでソバを食ったのが12時ごろか。翌日仕事の武ちゃんはターン。ここからはバラバラ、ここまで50kmほどだったがこの後メシ休憩で乱れたペースとキツくなる勾配のせいで、それに1ヶ月半のブランクのせいもあるのか無いのか両ももがツリ始めとうとう激ツリ状態に。しかし止まったらもう地面でのたうち回ることになるのは必至、ギリギリと無理矢理踏んで行く。世界中でこんな状態でも自転車を降りない人間は他にいるのだろうか、と悲壮感を増大させつつ奥多摩湖到着、ここから暫くは平坦基調なのでなんとか回復。
画像

 3kmばかり行ったところでこの写真を撮ったところが、またしても激しいツリ。脚を伸ばせぬまま(伸ばすとそのまま真っすぐ突っ張らかって動けなくなる)膝を曲げてへっぴり腰で道路を横断してやっと跨がり再スタート、回しているとなんとか治まる。7、8kmからまた上り、しかも向かい風になってきた。丹波山村に近付くと何カ所か勾配のきつめのところがありノロノロ上がる。2時ころやっとたどり着いた民宿ふるさと、一応三番手。家から71kmだ。やがて電車・バス乗り継ぎ参加の幹事古寺女史、風邪の橋本氏や他の自走メンバーも三々五々到着してビールを引っ掛けてから500mほどの温泉センターに出かけ疲れをほぐす。5時前から始まった酒宴は午前2時まで。オレは勿論中盤沈没後速やかに復活した。

 2時過ぎに寝たってのに6時半ころからもう起きだす輩が襖を隔ててテレビなんか見てケタケタ笑っておる。結局オレも7時すぎ諦めて起床、外は快晴だが霜に氷。8時朝食、9時15分に出発した。
画像

奥多摩湖先で小糸氏の先導で「むかし道」に入る。始めは下の写真のような眺めのよい状況、矢印のところが先行しているメンバー。分かるかな?
画像
そして本格的な細い林道になりやがてとんでもないダート、石だらけの箇所まで出て来た。また舗装路になりワサビを並べて売っているオジさんがいたので1本購入200円。再び青梅街道に出て下り基調を快適に飛ばして行く。古里駅前で「奥多摩渓谷駅伝」の交通規制、丁度たすきリレーポイントだ。トップから20分ばかり観戦後吉野街道に入るが日陰が多く寒かった。青梅駅近くの路地で手打ちラーメンを食したのが12時過ぎ、青梅街道〜岩蔵街道〜青梅街道〜瑞穂の先で多摩湖へ上り自転車道を西武園まで行きその先松ヶ丘方面に行く皆と別れ2時に帰宅した。あ〜首が疲れた。72km。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
すごい...(*_*)過酷な忘年会なんですね。
写真はとっても綺麗だけど。
しかし、「激ツリ」って 字を見てるだけで 痛そうで顔がゆがみますねぇ。。。
yuko
2006/12/04 00:44
激ツリ、この程度の距離では一人で走っている分には起きないんですがね。上りのペースだって一人の時の方が早いくらいだし。でも無意識に目立たぬところで(若い)仲間相手に意地を張っているんだろうな。そのツケが突然現れるわけです。なかなかオトナになれません。
コテパン
2006/12/04 09:34
コテパンさんのブログも年齢層がだいぶ若くなってきましたな.
そろそろ私の出番もなくなってきましたな.
今後も御活躍を.
panjabi
2006/12/04 21:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
12/2〜3:丹波山村 晴走雨奏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる