9ヶ月振り。

 すっかり手つかず、もうやめたと思っていた方も多かっただろうな。ではFacebookのコピペも入れつつとっとと現在に追い付くべく、まずは2013年の終焉まで。  7/7:熱中症注意連呼を無視、昨日は近場で45km、本日はコルナゴK選手と峠、東京ヒルクライム成木ステージの激坂コースに行き60km。しっかりやつれて帰宅。シャワーを浴びてビ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4中旬~5月

 何と言っても4月半ばと言えばツール・ド・草津、これに向けて3月は640km走り込み、4月も草津の前日20日まで370kmと、近年ではなかなかの充実。面倒くさい筋トレもそこそここなし、直前にはヤフオクでSkinsの7分丈レーサーパンツも購入。これは筋肉サポートウェアでプロのレースでは禁止されておるから効果抜群の筈。更に前日入りした会場の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月の走り

 本日4/7、ボッシュ・ジャパンの人達と埼玉中部山岳コースをたっぷり走る予定だったが大荒れの天候で中止。で、こいつを執筆いたします。3月は12~2月に比べると良く走れた。月間約640km。と言うことはオレの場合仕事が少なかった訳か...。ま、それは置いといて。  1日、前日のライブ後しこたま飲んで駐車場に置いて来た車を取りに強風吹き荒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

12月~2月

おおっ、気がつけば11月から更新していないではないか!! 走ってはいるのだが。まあ12月は何かと多忙だったし1月は雪も降ったし…。で、たまには内容を変えて愛用シューズでも紹介するかな。 最初のSIDIのシューズはやや小さめだったのでレース時の予備にしていたのだが2000年のツール・ド・草津で靴を忘れて来たカオスのタケちゃんに貸した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

10月下旬~11月

 10月17日の荒川・東松山森林公園以降は多摩湖周辺に二回、それぞれ35kmほど、それに山王峠周辺を走り55km、あとは雑用程度で10月終了。  11月、4日に甲府で仕事があり車にバイクを積んで行き翌日、軽い二日酔いながら朝から走った。市内の緑が丘スポーツ公園に駐車、まず景勝地・昇仙峡を目指す。昨晩のライブの主催スタッフにさんざん「キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月後半~10月前半

 前項予告の9月22日のいわきでのツーリング、楽しいものだった。前日のライブの企画者だった室井君、震災ボランティアで親交が始まったという横浜の中村君夫妻との4人でいわき市岩間を起点に55km、緑の中のアップダウンや美しい稲穂が左右に広がる平坦路、飽きない気持ちいいコースで信号も殆ど無し。 上・妻先行の中村夫妻、二人ともMTBで激走。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の事情

 あらら、6~8月何も書かなかったのか。6月はツアー2本など多忙だったので上旬に3日、下旬に1日の4回しか乗れず距離も160km。うち1回はクロモリのマルイシを引っ張り出したのだが乗り心地はいいけれどやはり上りは重かった。  7月は隙間を縫って何とか10回走った。しかし総距離は350km足らず。峠に行ったのか15日のみだ。この時は小沢…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々のオフロード

 先日引っ張り出したMongooseのMTB、前に乗ったのはいつだったか記憶にない。しかし泥だらけだ。申し訳ないので洗車・注油をした。で、林道を走りたくなった。ノートを見たら前に乗ったのは09年3月。3年前か。本日5/30、狭山湖近辺のオフロードに出掛ける。家から舗装路を約5km、うう、やっぱり走りが重いな、MTBは。ツライ。センタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

4月、ツール・ド・草津など

 3月は7日の記述以降何も書いていなかったな。子の権現の他はいつも通りの小沢峠~山王峠や多摩湖、六道山、そして三本&固定ローラー。580km走行、近頃では結構走った方だ。  4月に入っていよいよ本年初レースの草津に向けて調整。まあ調整と言っても普段と変わらず一週間を切ったらあまりキツい事はしないという程度だが。1日:小沢峠、3日:固定…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

いつの間にか3月

 今年は走るぞ!!と決意も新たに始まった2012年、気が付けば更新せぬままもう3月。しかし寒かったね。トレーニング日誌を見てもローラーが目立ち峠はわずか。  1月:4日ローラー45分、7日ローラー45分。8日にカオスの恒例初詣ラン。8時半過ぎに凍えながらあきる野から我が家に走って来た小高君と集合地点清瀬駅へ。午後からの新年会準備で2名…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

本年シメ

 シメというかシマらなかったというか。ま、それはともかく、前述の7日以降もなかなか乗れずようやく18日(日)に走った。コルナゴ小高と笹仁田峠コンビニで待ち合わせ、暫しカオスのメンバーを待ってみるが現れないので出発。小沢峠を越えると日陰は霜で白く一段と寒い。名栗川を遡上、久し振りに名栗湖への急勾配を上がった。  好天ではあるが一周す…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月~12月上旬

 相変わらず乗る余裕が無い。 11/1:多摩湖1周+α 23km 11/4:六道山~多摩湖 30km 11/7:ローラー40分  どっと空いて 11/22:多摩湖 32km 11/24:六道山~多摩湖 41km  という地味~な案配で11月終了。  12月は今のところ7日小沢峠のみ。峠のタイムはこれだけ走っていないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月

 9月29日夜、欧州ツアーから帰国。30日はさすがに10時まで寝ていた。午後Amanda 20"で図書館へ行きツアーに持って行った本を返却、そのあと多摩湖まで行ってから帰る。 翌10月1日はColnago小高と小沢峠。これだけブランクと蓄積疲労があると置いて行かれる。しかし峠の最後の150mで追いつき抜いた。っと必死の雄叫びを上…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

8月~9月9日

 とにかくバタバタ忙しかった。8月1日にAmanda 20インチで雑用後思い立って多摩湖へ。普段のトレーニングエリアを小径車で走るのは新鮮で楽しい。子供の頃の自転車遠乗りみたいな気分。20km程。ちゃんと乗れたのは9日だったがすんごい猛暑。六道山~多摩湖を走るが31kmで帰還。その後中旬から月末まではツアーで全く乗れず。  9月4日、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月~7月

 どえらく間が開いてしまった。草津以降六道山~多摩湖や小沢峠、山王峠など相変わらず。しかし更新していない=多忙であまり走っていないということ。5月は7回で318km。6月はツアー2本と月末から3本目に入った為僅か4回で140km。  <変哲なき写真:多摩湖Pinallero>  その6月末からはカナダ~アメリカツアーに約二週間。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

第16回ツール・ド・草津

 大会前日16日、小高選手と共に草津に昼前到着。手続きやブースでの買い物を終えて蕎麦屋で「舞茸カレーうどん」を食すがどえらく時間がかかった。ホテルの駐車場で自転車の準備をして殺生河原まで6.5kmをゆっくり上る。かなりの強風。下ってチェックイン、温泉につかったあとは早くもワイン。同宿のボッシュ吉田夫妻は街に繰り出したが俺は風邪治りかけ小…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツール・ド・草津迫る

 2月の更新もせぬまま3月ツアーに出ていたら大阪で3月11日を迎え、どんどん間が開いてしまった。こんな呑気な代物を書いている場合ではないかも知れぬが。  2月:小沢峠方面2回/六道山~多摩湖3回/ローラー70分3回,60分2回,45分1回 /計401km  3月前半は峠1回、ローラー45~50分4回。10日程の中断後は峠1回、多摩湖…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

2011.01の状況

 12月は仕事が忙しく、ちゃんと乗ったのは二回のみ。11日に奥多摩丹波山村の民宿で恒例の泊まりがけ忘年会を行うカオスの面々と途中まで。この日はライブだったので清瀬の集合から岩蔵街道経由で青梅駅まで。帰宅して56km。 二回目は24日、六道山(高根と瑞穂を結ぶ、北側700m、南側1kmの小さい峠)を北・南・北と上り更に裏道400m弱ピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島高湯平

 11月19~21日の長見順の東北ツアーの翌日、岡地長見夫妻の山荘に滞在。福島の高湯平というところだ。市内から西へ向かい磐梯吾妻スカイラインの2km手前の山の中。あいにくの曇天、時折小雨も降るが11時半に出発。まず更に奥の吾妻高原を走る。高原と言っても結構なアップダウンがあり砂利道に突き当たるまでの8kmほどはなかなか楽しい。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく再始動

 再始動だの復活だのというタイトルが多いが今回はオオゴトであった。7月16日、岐阜でのライブ終了後の撤収時にステージ脇の荷物用リフト穴から転落。床面の一部が荷物用エレベーターになっており、それまでは床だった所が2m四方、柵も無く1Fに降りていた。近くには誰も居らず、片付けはスタッフに任せて楽屋にいて何も知らなかった俺は1階から階段を勢い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more