アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自転車」のブログ記事

みんなの「自転車」ブログ

タイトル 日 時
9ヶ月振り。
9ヶ月振り。  すっかり手つかず、もうやめたと思っていた方も多かっただろうな。ではFacebookのコピペも入れつつとっとと現在に追い付くべく、まずは2013年の終焉まで。  7/7:熱中症注意連呼を無視、昨日は近場で45km、本日はコルナゴK選手と峠、東京ヒルクライム成木ステージの激坂コースに行き60km。しっかりやつれて帰宅。シャワーを浴びてビール前に測ってみたら体重は一週間前の1.5kg減、体脂肪5.0%。しおれてしまった。さあ飲まねば! ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2014/02/08 23:46
4中旬〜5月
4中旬〜5月  何と言っても4月半ばと言えばツール・ド・草津、これに向けて3月は640km走り込み、4月も草津の前日20日まで370kmと、近年ではなかなかの充実。面倒くさい筋トレもそこそここなし、直前にはヤフオクでSkinsの7分丈レーサーパンツも購入。これは筋肉サポートウェアでプロのレースでは禁止されておるから効果抜群の筈。更に前日入りした会場のメーカーブースではオンヨネのハイパフォーマンスアンダー「肚力」ハラヂカラを購入。わざわざ脱ぎ方の写真解説付きの強力な腹部圧着で体幹からパワーを出すと言う。これで準... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/05/27 19:10
3月の走り
3月の走り  本日4/7、ボッシュ・ジャパンの人達と埼玉中部山岳コースをたっぷり走る予定だったが大荒れの天候で中止。で、こいつを執筆いたします。3月は12〜2月に比べると良く走れた。月間約640km。と言うことはオレの場合仕事が少なかった訳か...。ま、それは置いといて。  1日、前日のライブ後しこたま飲んで駐車場に置いて来た車を取りに強風吹き荒れる中、Amanda 20"で大泉まで18km。ただでさえ不安定感のある小径車で風に煽られ、おまけにバーエンドシフトにしてある為に変速時にヨレてしまうこと多々。初... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/07 10:47
12月〜2月
12月〜2月 おおっ、気がつけば11月から更新していないではないか!! 走ってはいるのだが。まあ12月は何かと多忙だったし1月は雪も降ったし…。で、たまには内容を変えて愛用シューズでも紹介するかな。 最初のSIDIのシューズはやや小さめだったのでレース時の予備にしていたのだが2000年のツール・ド・草津で靴を忘れて来たカオスのタケちゃんに貸したところ気に入られて買い取られて行った。97年から愛用していたのが上左のVittoriaのM.パンターニ・モデルで当時の彼の自転車と同色。Wilierの黄色のフレー... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/01 19:10
10月下旬〜11月
10月下旬〜11月  10月17日の荒川・東松山森林公園以降は多摩湖周辺に二回、それぞれ35kmほど、それに山王峠周辺を走り55km、あとは雑用程度で10月終了。  11月、4日に甲府で仕事があり車にバイクを積んで行き翌日、軽い二日酔いながら朝から走った。市内の緑が丘スポーツ公園に駐車、まず景勝地・昇仙峡を目指す。昨晩のライブの主催スタッフにさんざん「キツいよ」と言われていたが成る程キツい。街中から道を曲がるといきなり勾配が厳しくなる。参ったな、と弱気になりつつ上っていったが2.5kmほどで緩くなってりほっとする... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/06 11:03
9月後半〜10月前半
9月後半〜10月前半  前項予告の9月22日のいわきでのツーリング、楽しいものだった。前日のライブの企画者だった室井君、震災ボランティアで親交が始まったという横浜の中村君夫妻との4人でいわき市岩間を起点に55km、緑の中のアップダウンや美しい稲穂が左右に広がる平坦路、飽きない気持ちいいコースで信号も殆ど無し。 上・妻先行の中村夫妻、二人ともMTBで激走。   上中・新車BOMAの室井君  下・パンク修理を終えた吾輩 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/23 10:37
夏の事情
夏の事情  あらら、6〜8月何も書かなかったのか。6月はツアー2本など多忙だったので上旬に3日、下旬に1日の4回しか乗れず距離も160km。うち1回はクロモリのマルイシを引っ張り出したのだが乗り心地はいいけれどやはり上りは重かった。  7月は隙間を縫って何とか10回走った。しかし総距離は350km足らず。峠に行ったのか15日のみだ。この時は小沢峠の途中で単独走行のカオス小糸氏に遭遇。帰りは裏道好きの彼の先導でこんな道へ。トンネル真っ暗で足着き徐行。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/21 07:11
久々のオフロード
久々のオフロード  先日引っ張り出したMongooseのMTB、前に乗ったのはいつだったか記憶にない。しかし泥だらけだ。申し訳ないので洗車・注油をした。で、林道を走りたくなった。ノートを見たら前に乗ったのは09年3月。3年前か。本日5/30、狭山湖近辺のオフロードに出掛ける。家から舗装路を約5km、うう、やっぱり走りが重いな、MTBは。ツライ。センターフラットのタイヤなのでまだマシだが。そして林道に入れば水を得た魚のように、と行きたいところだが久し振りのダートの振動に身体と目が付いて行かない。安全運転(比較的... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/31 20:58
4月、ツール・ド・草津など
4月、ツール・ド・草津など  3月は7日の記述以降何も書いていなかったな。子の権現の他はいつも通りの小沢峠〜山王峠や多摩湖、六道山、そして三本&固定ローラー。580km走行、近頃では結構走った方だ。  4月に入っていよいよ本年初レースの草津に向けて調整。まあ調整と言っても普段と変わらず一週間を切ったらあまりキツい事はしないという程度だが。1日:小沢峠、3日:固定ローラー、4日:六道山〜多摩湖、6日:三本ローラー、7日:小沢峠〜山王峠、8日、10日、13日:多摩湖、15日:小沢峠〜山王峠、17日:固定ローラー、18日:六道... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/01 19:28
いつの間にか3月
いつの間にか3月  今年は走るぞ!!と決意も新たに始まった2012年、気が付けば更新せぬままもう3月。しかし寒かったね。トレーニング日誌を見てもローラーが目立ち峠はわずか。  1月:4日ローラー45分、7日ローラー45分。8日にカオスの恒例初詣ラン。8時半過ぎに凍えながらあきる野から我が家に走って来た小高君と集合地点清瀬駅へ。午後からの新年会準備で2名離脱後5名、今年は少ない。<浦和所沢バイパス〜富士見バイパス〜川越喜多院参詣〜16号指扇〜荒川自転車道〜羽根倉橋〜浦所バイパスで所沢へ。途中川越街道左折で新年会に... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/08 18:57
本年シメ
本年シメ  シメというかシマらなかったというか。ま、それはともかく、前述の7日以降もなかなか乗れずようやく18日(日)に走った。コルナゴ小高と笹仁田峠コンビニで待ち合わせ、暫しカオスのメンバーを待ってみるが現れないので出発。小沢峠を越えると日陰は霜で白く一段と寒い。名栗川を遡上、久し振りに名栗湖への急勾配を上がった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/27 16:54
11月〜12月上旬
11月〜12月上旬  相変わらず乗る余裕が無い。 11/1:多摩湖1周+α 23km 11/4:六道山〜多摩湖 30km 11/7:ローラー40分  どっと空いて 11/22:多摩湖 32km 11/24:六道山〜多摩湖 41km  という地味〜な案配で11月終了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/16 08:17
10月
10月  9月29日夜、欧州ツアーから帰国。30日はさすがに10時まで寝ていた。午後Amanda 20"で図書館へ行きツアーに持って行った本を返却、そのあと多摩湖まで行ってから帰る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/10/31 09:21
8月〜9月9日
8月〜9月9日  とにかくバタバタ忙しかった。8月1日にAmanda 20インチで雑用後思い立って多摩湖へ。普段のトレーニングエリアを小径車で走るのは新鮮で楽しい。子供の頃の自転車遠乗りみたいな気分。20km程。ちゃんと乗れたのは9日だったがすんごい猛暑。六道山〜多摩湖を走るが31kmで帰還。その後中旬から月末まではツアーで全く乗れず。  9月4日、成木ヒルクライム出場の小高君の応援を兼ねて峠を走る予定だったが前日までの全国的な台風・大雨を引きずり天候不安定、そして二日酔い。で、とりやめ。代わりに劣化著しいA... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/09 21:21
5月〜7月
5月〜7月  どえらく間が開いてしまった。草津以降六道山〜多摩湖や小沢峠、山王峠など相変わらず。しかし更新していない=多忙であまり走っていないということ。5月は7回で318km。6月はツアー2本と月末から3本目に入った為僅か4回で140km。  <変哲なき写真:多摩湖Pinallero> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/07/30 09:55
第16回ツール・ド・草津
第16回ツール・ド・草津  大会前日16日、小高選手と共に草津に昼前到着。手続きやブースでの買い物を終えて蕎麦屋で「舞茸カレーうどん」を食すがどえらく時間がかかった。ホテルの駐車場で自転車の準備をして殺生河原まで6.5kmをゆっくり上る。かなりの強風。下ってチェックイン、温泉につかったあとは早くもワイン。同宿のボッシュ吉田夫妻は街に繰り出したが俺は風邪治りかけ小高君は引き始めなので部屋でごろごろしていた。入れ違いにカオス保谷夫妻到着。6時からの夕食、なんと吉田君が飲み放題チケットを全員分購入していたのだが既にワインを3杯... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/22 12:21
ツール・ド・草津迫る
ツール・ド・草津迫る  2月の更新もせぬまま3月ツアーに出ていたら大阪で3月11日を迎え、どんどん間が開いてしまった。こんな呑気な代物を書いている場合ではないかも知れぬが。  2月:小沢峠方面2回/六道山〜多摩湖3回/ローラー70分3回,60分2回,45分1回 /計401km  3月前半は峠1回、ローラー45〜50分4回。10日程の中断後は峠1回、多摩湖2回、六道山〜多摩湖2回、ローラー2回などで合計428km。27日に小高君と行った、小沢峠脇の成木ヒルクライムの5kmコース、やはりキツかった。去年はツアー多忙と... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 7

2011/04/13 09:47
2011.01の状況
2011.01の状況  12月は仕事が忙しく、ちゃんと乗ったのは二回のみ。11日に奥多摩丹波山村の民宿で恒例の泊まりがけ忘年会を行うカオスの面々と途中まで。この日はライブだったので清瀬の集合から岩蔵街道経由で青梅駅まで。帰宅して56km。 二回目は24日、六道山(高根と瑞穂を結ぶ、北側700m、南側1kmの小さい峠)を北・南・北と上り更に裏道400m弱ピーク25%の激坂をなんとか上ってから多摩湖を走り33km。  年が明け、「今年は走るぞ!!」(つまり仕事がヒマってことだな)という決意の下、まずは3日に小高君と小... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/03 20:09
福島高湯平
福島高湯平  11月19〜21日の長見順の東北ツアーの翌日、岡地長見夫妻の山荘に滞在。福島の高湯平というところだ。市内から西へ向かい磐梯吾妻スカイラインの2km手前の山の中。あいにくの曇天、時折小雨も降るが11時半に出発。まず更に奥の吾妻高原を走る。高原と言っても結構なアップダウンがあり砂利道に突き当たるまでの8kmほどはなかなか楽しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/29 15:50
ようやく再始動
ようやく再始動  再始動だの復活だのというタイトルが多いが今回はオオゴトであった。7月16日、岐阜でのライブ終了後の撤収時にステージ脇の荷物用リフト穴から転落。床面の一部が荷物用エレベーターになっており、それまでは床だった所が2m四方、柵も無く1Fに降りていた。近くには誰も居らず、片付けはスタッフに任せて楽屋にいて何も知らなかった俺は1階から階段を勢い良く上がってステージ方向に曲がった途端その穴に転落。途中の角断面の鉄骨にぶつかり右肩甲骨を粉砕骨折、左肩ヒビ2カ所、その他肋骨2本を骨折。ったくねえ。骨なんか折ら... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/03 10:33
5~6月
5~6月  ツール・ド・草津以来すっかりご無沙汰。仕事が忙しく、4月18日のレースの次に走ったのは半月後の5月3日、小沢峠〜名栗湖〜山王峠の72kmだった。この時はまだ左程衰えてはおらず小沢はまあまあのタイムで上れた。  しかしその後は殆ど乗れず、ちゃんとウェアを来たのは6月15日だからほぼ1ヶ月半空いた。骨折した時でもこんなに休まなかったのに。この日は30度の暑さ、六道山を上ってから多摩湖に行ったのだが気温とトレーニング不足にすっかり参ってしまい早々と切り上げて28km。翌16日はこの日のシゴト場(西... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/28 18:58
第15回ツール・ド・草津
第15回ツール・ド・草津  4/17、草津へ前日入り。16日は現地吹雪という情報、更に深夜帰宅中に東京でも雪がちらついたという不順な天候で17日も朝方は雨。試走は止めるかという話になり出発を遅らせ10時に我が家を我が車にて、ビアンキ保谷・コルナゴ小高と共に出発。中条でうどんを食べて2時前草津着。午前中から来ていたボッシュJapanチームの吉田夫妻、小沢君たちは寒さで走れなかったというが午後は暖かくなっていた。しかしあまり走る気にもならず吉田案<ホテル〜会場までのウォーキング(20分、上り)〜ビール〜抽選会>に全員一致。あ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/30 11:08
ツール・ド・草津直前
ツール・ド・草津直前  4月の一週目はまずまず乗れた。2日ローラー1時間、4日も1時間。6日には小沢峠へ。草津前に安心しておく為にいいタイムを出そうと気張った。なんとか昨年のベストタイムと同じになり、トレーニング不足の割にはいい感じ。持続力が問題だが。名栗川を遡上、四海橋でターン、山王峠を越えて帰る。64km。  8日には逆ルートで山王峠〜小沢峠のつもりで家を出たが変更、八高線に沿って金子〜阿須から山王に向かうが以前から気になっていた手前の上りに入る。つまり山王峠の東側を同様に名栗川に抜ける道。東都飯能CCというゴ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/15 23:28
3月総括
3月総括  何せ忙しく15日までツアーで全く乗れず16日も午後から仕事だったが無理矢理午前中Orbeaで六道山〜多摩湖コースで34km。シメに測った武蔵大和から多摩湖への600mの上りタイムは今年2番めに良かった。何で???疲労のあまりハイだったのか。  18日ローラー1時間、19日45分、21日45分。22日にようやく峠に行けた。いささか二日酔い気味ではあったが小沢峠〜山王峠で60km。小沢の上りタイムはさすがに良くはなかったが酷くもない。しかし脚に疲れが残る。  翌23日は気分を変えて(結局大して... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/02 16:43
2月その後
2月その後  5、6日は50分〜1時間のローラー。8日にOrbeaで六道山へ。北側の上りでフロントバッグ付きのツアラー風クロモリロードに追い付き「こんちは」と声を掛けながら珍しいのでしげしげ眺めつつ抜いたらムっとしたらしい。返事もなく突如速度が上がって後ろにピタリと付かれたあげく最後に抜き返され離されてしまった。レースより断然心拍が上がってしまいペースが狂ってボロボロ。南側の裏の激坂に行くが初めて足を付いて引き返した。そのあとココロの痛みを引きずりつつ多摩湖外周+横道の上り2カ所で40km。 10、11日... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2010/02/26 11:33
1月その後〜2月初旬
 1月は10日のクラブラン以後なんと極寒の北海道ツアーがあり、その前後も忙しくて乗れたのはようやく26日。多摩湖で行き帰りを含めて31km。後半は旧青梅街道との上り下りを二カ所混ぜるがそのあとの周回路のゼブラ舗装と路面の荒れがいつになく酷く身体に応えて速度上がらず。昨年11、12月からのトレーニング不足がついにハッキリ出て来た感じ。  この日はPinarelloでそれもあるのかと28日にはOrbeaで出掛ける。やはりこちらの方が楽だ。六道山の上り下りを3ルートやってから多摩湖を走り45km。3... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/03 23:37
2010始動
2010始動  本年は4日が初走り。小高君と毎度の小沢峠〜山王峠に行く。下りの寒いこと。小沢の下りでウィンドブレーカを着込んだが体温は下がったまま山王の上りでも脱がなかった。という写真。    10日はカオスの新年会。宴会は2時からだが一応9時清瀬集合でクラブラン。小高君もはるばるあきる野から参加したが何せ小手指で8時半待ち合わせだったので7時半過ぎに家を出たそう。大変な寒さだったようだ。集まったのは小糸・柳川両名で4人で川越へ向かう。浦和所沢バイパスをひた走り富士見バイパスに入って暫く行くと路肩で立... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/12 11:11
復活!!
復活!!  本日15日、先月24日の帰国以来初の休日だ。薄曇りで寒かったがOrbeaで出掛けた。チョイ乗りはしていたけど久し振りのサイクルウェア。前回しっかり走ったのは10月28日だから7週間も経ってしまった。そんな訳で「復活!!」と言っても地味にリハビリラン。まずは家から9kmほどの六道山公園へ。北側から600m12%の上りで公園入り口、中のアップダウンをのんびり走ってから反対側へ下り南から上り直し。こちらは1.2kmある。さらにターンして下ってから裏道の300mの激坂。あまりアテにならない勾配計では2... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/15 17:39
10月中旬〜11月初頭
 前述4日のあとは乗る時間がなくようやく18日、2週間振りに小沢峠に行った。これがなんと今年のベストタイムタイであった。22日には山王峠脇の行き止まり上り5kmでタイム計測するがここでも今年ベストが出てしまった。ろくに走っていないのになんだか複雑。一体何の為にゼイゼイ汗だくでトレーニングしていたのだろうか。28日にはタイムを気にせず山王峠〜小沢峠。そのあともチョイ乗りだけ。仕事も立て込んでいたが明日6日からのヨーロッパツアーに備え自重したこともある。ツアー前の事故の前歴があるだけに昨日の休みもロ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/11/05 09:22
9月後半〜10月SCAヒルクライムなど
9月後半〜10月SCAヒルクライムなど  20日にコルナゴ小高と小沢峠〜名栗湖〜山王峠コース。小沢の入り口で一休みしていたらその前のコンビニにいたワカモノ4人組の内の二人が走り抜けて行った。ちょっと迷ったがやっぱり追走開始。しかし速い。まあ最後のキツい所で追いつけるだろう、と思っていたらすぐ見えなくなってしまった。あ〜あ。とひたすら踏んでいたらその最後の直線数百メートルの中腹に1名発見。俄然ファイト、馬鹿なスパートで追いつき抜き切った。名栗川への下りで猛追されかわされてしまったが下り切ったところで「速いですねえ」と言われた。フッフッフ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/05 10:03
8月後半〜9月前半
8月後半〜9月前半  成木HCの主催・青梅市トライアスロン協会のサイトで写真を見つけた。前回載せた、プロが撮ったものよりいい感じで5枚ほどあったがそのうちの2枚。  ところでそのヒルクライム以来仕事の事情もあり暫く乗る気が起きずチョイ乗りくらいで怠けていたがようやく29日、二週間振りに峠へ向かった。リハビリだと思いつつもつい計ってしまう小沢峠のタイム。6kmのうち4kmまでアウターで行ったせいか右モモに微かな痙攣があったがいつの間にか引っ込んだ。しかし今年ほぼ最遅タイム。越えて北側に下り、どこまで行くか迷いつ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/14 21:11
麦草峠〜東京HC成木ステージ
麦草峠〜東京HC成木ステージ  前記のとおり8日朝家を出て蓼科の翠川氏の山荘に11時過ぎ着。当然のように出されるビール、「遠慮するなよ、遊びに来たんだろ」「いやぁ、トレーニングに...」というワケで飲んで食って昼寝。2時半に出て茅野から10kmほど上ったここから麦草峠を目指す。約13km、顔から汗をハンドルにしたたらせながら上り48分。なかなかいい感じ。反対側に下って途中の小海町分岐から戻るつもりだったが上までいくと暗雲たれ込め霧、小雨、遠く雷鳴も聞こえる。白駒池まで下りたところで引き返す。しかし茅野側は天候は回復気味で時折... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/21 01:24
成木HC試走アゲイン
成木HC試走アゲイン  8/1、いささか気が重かったが成木のコース再び。片付けていたKijafaのホイール(Velocityリム+アルテハブ)に12〜27Tを付けフロントインナーを34Tに換装という最弱仕様。スタート地点に着くと丁度二人降りてきた。オレのと同じOrbeaの色違いとAnchor。二回上った?と訊くと「いやあ、やっぱり」ってことでオレも弱気の一回にした。上っていると10人くらいすれ違った。いや〜、キツい。路面は濡れていたりコケが生えていたりで前回より格段に条件悪し。急勾配で後輪スリップ度々。今までの2回よ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/07 21:41
成木HC試走&鶴峠
成木HC試走&鶴峠  7/12、小高君と小沢峠脇の東京ヒルクライム成木ステージ(8/16)のコースへ。5kmの激上り。昨年も6月末に下見に行き以下の記述:「ダンシングすると後輪スリップするような勾配多々。だがこれをかなりの間隔を空けて二回上る(道幅が狭く1回目のゴール後最終走者がフィニッシュするまで下山できない&待機場所が狭い)というのはどうかと思い迷った末出場は止める事にした。」であったが今年は再び迷い始め、下見というより覚悟を固める為に上ったようなもの。やはりキビシイ。汗だく息絶え絶えで上り終わった時は「や... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/24 18:50
6/27,28峠二連チャン
6/27,28峠二連チャン  峠リハビリ開始。27(土)、小高君と小沢峠へ。吾輩が二日酔いであることに感づいた小高選手、序盤から飛ばしてぐんぐん先へ。こっちは加えて猛暑+脚ツリの微かな予感あり後ろ姿も見えなくなって諦めムードであったが次第に回復、最後の直線で追いつき先行。アア苦し。その後山王峠を回って帰る。60km。  翌28(日)は多摩湖で清瀬からのカオス面々と合流。Amanda橋本、Anchor田中、Anchor小糸、Gios柳川との5名。二日連続の小沢峠だが道に詳しい小糸さんの先導で分断されている旧道を組み合わせて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/29 10:53
再開したものの。
再開したものの。  先月5日に乗って以降ツアー、レコーディング等で全く走れず。一段落した今月9日、ようやく多摩湖を走った。13日に小高君と約6週間振りに峠へ。久しぶりで小沢峠手前の東京バーディCCの5~600m程のきつめの勾配でいつもの21〜23Tで我慢したらヨタった。小沢峠6kmは通常前半アウターだが始めからインナーで上る。タイム的にはブランク&酒池肉林の割に1分ほどしか遅くなっていなくてそれはそれで「元々大したことないからなあ」と一抹の寂しさ。  さて再開とは言ったものの明日からは自分のバンドのツアーである... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/17 23:37
第14回ツール・ド・草津
第14回ツール・ド・草津 <ゴール手前200m> ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2009/04/25 12:08
サイクルフェスタ〜4月半ば
サイクルフェスタ〜4月半ば  前述の3時間耐久レース「サイクルフェスタin川口」3月29日、寒かったのなんの。保谷〜早川〜小高〜飯塚のローテーションで各7〜8周で交替。5巡してオレは合計33周。03年や05年に1'05"〜1'10"で回っていた700mの周回は今回の最速が1'10"、最低に至っては1'26"。交替する筈の周回に次走者が待機していなくてガクっと来て大きく遅くなったりかなりの風に煽られた時間帯もあったりでタイムは上下、平均は1分19秒36であった。んんん、一番近い出場の06年が1分10秒23だ、が〜〜〜ん。風だ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2009/04/15 13:32
マルイシ
マルイシ  15日、Colnago小高と小沢峠〜名栗川北上〜名栗湖〜南下〜山王峠で70km。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/20 14:26
2月後半〜Pinarello
2月後半〜Pinarello  2月その後は:21日山王峠〜名栗川遡上〜小沢峠で60km、22日Colnago小高と小沢峠〜名栗川遡上〜有馬ダム(名栗湖)〜下って山王峠で73km、28日は久しぶりにPinarelloで小沢峠〜山王峠で59km。その他マルイシでの近場雑用やらローラー。結局2月の走行は521kmで目標600kmに達せず。距離を稼ごうと思っていた最終週が雨ばかりだったし28日までしか無いし...。  ところで近頃Orbeaで使っていたSpinergy Spox、スプロケットを10速から9速に換えて久々にPina... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/03 22:57
1月中旬〜2月中旬
1月中旬〜2月中旬  寒さ厳しき折り、多摩湖やローラー。1月20日に本年初の小沢峠、幾分セーブ気味に行くがやはりニューホイール&チューブレスの心理的効果か、去年10回計測したタイムと比較しても3、4番目の結果でこの時期としてはいい感触だ。24日にもコルナゴ小高と行くがこの時は1分オーバー。てな感じで月末にツアーに出たこともあり低めに設定した月間目標500kmに全く届かない390kmに終わった1月。  2月こそは600kmに到達させねば。でも強風の日が多い。1、4日に多摩湖で計95km、8日に山王峠脇の行き止まりに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/17 09:37
チューブレス元年
チューブレス元年  昨年12月下旬にシマノのチューブレスホイールWH7850-SLをヤフオクで衝動買い、この場合衝動クリックと言うべきか。タイヤは未だHutchinson、IRCの2社からしか出ていないが入れ易いというHutchinson Fusion 2をタマさんのところで取り寄せ。しかし仕事の立て込みからなかなか走れず年を越した。2日夜ようやくタイヤ組み付け、タイヤレバー厳禁だが懸念した程入れにくくはなく完了。しかしエアが入らない。当然ながら空気が入っている状態でビードとリムが密着するのだからタイヤをだまくら... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/07 10:39
カオス丹波山忘年会
カオス丹波山忘年会  恒例のカオス丹波山走行忘年会、12/6~7。10時清瀬駅集合(10分遅刻)で高井さんの車にデイパックを預け幹事なのに不出走の古寺女史の見送りを受けていざ出発。メンバーは橋本Amanda、保谷Bianchi、丸山Bridgestone Neo-cot、谷中Look、河合Colnago、稲田Pinarelloそれに途中までの田中Anchorの各氏。そして岩蔵街道で合流の小高Colnago。小高君との合流地点で早くも田中氏は行方不明。そして清瀬を出てすぐパンクした保谷君のタイヤサイドに切り傷発見、新... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/14 11:22
龍勢ヒルクライム
龍勢ヒルクライム  11月16日、第11回龍勢ヒルクライム。98年の第1回から7回目の出場になるが昨年同様の雨の中5時に家を出て6時半過ぎ会場の秩父市吉田着。前夜迷った末ヴィットリアの軽量タイヤUltra Speed を履かせた。後で箱を見るとエアは最低9気圧、石畳は走るな、デコボコ道はダメだとか書いてある。いかにも雨の山道には不向きな感じ。しかも新品では余計滑る。レース前に2、3km走れば慣らせるかと思っていたのだが到着時にはパラパラだった雨が次第に本降りになってしまった。アップする気も湧いてこない。だが8時半... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/02 18:29
ヨーロッパwith Compexとパンターニ
ヨーロッパwith Compexとパンターニ  10月26日出国11月12日帰国のKIKI Band 過酷欧州ツアー、無事(ではなく)終了、この間勿論トレーニングは出来ない。予定ではホテルの部屋で腕立て伏せや腹筋で上半身ムキムキになりCompexでほれぼれする脚の筋肉を作る筈だったが腕立て腹筋は17日間で4回くらいしかやらなかったかな。Compexを使ったのは9日14回。部屋や移動の車(全行程メルセデスの大型バン)で行い、例えば続けて大腿四頭筋で持久トレ55分を済ませそのまま筋力トレ40分を行った場合2回と勘定しての数字である。メニューは持... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/13 21:53
9/27三峰HC,28越生・刈場坂峠,10/5小沢周辺
9/27三峰HC,28越生・刈場坂峠,10/5小沢周辺  9月27日、埼玉県サイクリング協会主催の秩父・三峰山ヒルクライム。来年からの本格開催に向けての会員のみのプレ大会である。25名の参加、14kmのぼりを2分ごとにスタートの個人TT形式でなんと俺は二番目のスタート。9時32分にいざ出陣したのであった。調子よくほぼ限界に近い勢いでぶっ飛ばして2kmちょっとで1番目のヒトを抜いた。そのまままっしぐら、その先1kmで分岐のややこしい所がチェックポイントで役員が居る筈だったんだが何故かいない。兎に角上りのレースなんだからと上っている方の道を行った。非常に... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2008/10/06 22:20
9/17 小沢峠〜名栗湖
9/17 小沢峠〜名栗湖  10時頃Orbeaにて出発、小沢峠〜山王峠方向へ。はっきりコースは決めていなかったが走りながら小沢峠のタイム計測に行くことにした。それ程頑張るつもりもなくスタートしたのだが暫くして前方にロードが。一声かけてパスして行くと大分先に更にもう一人。近づくと「後ろ来てますか?」と訊くので「ああ、来てますよ」と返事をすると気がかりが減ったのかピッタリ後ろに。「大勢で来ていて上で待ってるから一緒に食事に行きましょう」などと誘われる。何処からかなどと会話をするが俺は結構あえいでいるのに彼は乱れず喋る。ム... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/19 16:12
風張峠〜丹波山村
風張峠〜丹波山村  カオスの一泊峠行き、9/13、9時清瀬集合。ありがたいことに今回は車が1台出るので(と言っても伴走ではない)デイパックを預け7名で走り出す。目指す最高地点は奥多摩周遊道風張峠、これを五日市側から上って奥多摩湖へ下り更に丹波山村に上って民宿ふるさとが終点。武蔵五日市駅近くで蕎麦を食べたあとは小刻みなアップダウンはあるもののひたすら上って行く。速い若手K君・I君に付いていくが暫くして先を考えてマイペース一人旅に切り替え。途中15kmくらいの檜原温泉センターで一旦集合ということだったが着くとI君... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/09/15 11:12
天候不順・9/4
天候不順・9/4  このところの天候不順、昨日もワシら埼玉南部は午前中雨、12〜15時晴、15時〜雨という朝の天気予報。しかし現実は陽が差し時折曇るという状態だ。よっしゃ、と峠に向かった。しかし一応古い方のPinarello Princeを選択。とりあえず小沢峠を目指すが時間帯に当たってしまったのか岩蔵街道でダンプの多さに辟易し進路変更、山王峠付近の5km行き止まりでのタイムアタックにする。最近の暑さから走行距離も延びておらず、まあ様子見の上りだ。そうは言ってもやはり次第に力は入り結局通常のぶっ倒れそうな走りにな... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/05 23:16
麦草峠
麦草峠  10日夜から13日まで蓼科高原の翠川・いぬふぐり会長の山荘にタマさん、タダシ君と滞在、麦草峠を走る。今年はバテバテ。長野も暑い。11日はタマさんと茅野側の中腹にある山荘から13km上って峠を越え八千穂側に下る。タイトで勾配のある下りを帰りのことは考えずかっ飛ばすのは楽しい。上り返しはややショートカットになる脇道を使ったのだが距離が短い分勾配がキツい。おまけに昼近くは日陰が殆どなくて照り返しで猛烈な暑さ。車が殆ど通らないので蛇行して上った箇所もあった。本道に戻ってもちっとも楽にならず白駒池を過ぎ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/18 20:00
暑い!
何も書かぬまま7月が終わってしまった。ツアーなどもありあまり乗れなくて、6月は550kmだったが7月は走行397km。峠が4回、多摩湖3回、その他2回。某日Colnago小高と成木の東京ヒルクライムというイベントのコースを試走に行った。5km無いもののなかなかトンでもない道で良い。ダンシングすると後輪スリップするような勾配多々。だがこれをかなりの間隔を空けて二回上る(道幅が狭く1回目のゴール後最終走者がフィニッシュするまで下山できない&待機場所が狭い)というのはどうかと思い迷った末出場は止める事... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/01 13:55
SPINERGY Spox
 昨年フロントから鳥のさえずりのような音がし始めたので使っていなかったSpox、バラしてシールドベアリングを交換して復帰。ネットでベアリングを扱っている業者を調べたのだが色々見ているうちに元々使われていた那智工業製の同サイズで「単列深溝玉軸受」「深溝玉軸受はラジアル荷重、アキシアル荷重およびこれらの合成荷重を受けることができます。構造が簡単なため、容易に精度の高いものが得られ、高速回転にも適しています。」というのを発見。前半はオレには殆ど意味不明だったが「高速回転」の文字に目は釘付け、早速注文し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/15 00:10
カオス和田峠往復
 昨日7日、カオス10名で和田峠へ。清瀬発8時10分の皆と多摩湖南の青梅街道旧道で合流、拝島を抜け睦橋通りをあきる野へ、そして高尾街道に入り南下。八王子市街から陣馬山〜藤野を抜ける陣馬街道の交差点を右折し和田峠へ向かう。実は我が輩は16、7年前までこのあたりに数年間住んでいた。和田峠はバイクや四駆で何度も走ったが鬱蒼としたクネクネの急勾配だったという記憶、あんな道を20年後に自転車で上るハメになるとは。恩方のセブンイレブンで小休止後橋本幹事の「ここからは速いヤツは勝手に行くように。途中で諦めるヤ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2008/06/08 11:20
Clino 401
 勾配計付きサイクルコンピュータ、BION Clino 401 を購入した。31日は仕事から帰ったのが0時半過ぎ、それからジロ・デ・イタリアのその日の録画を見始めたのだがなんといっても第20ステージ、チマ・コッピを含む最後の山岳ハードコース決戦、興奮のあまりワインを一本空けて就寝が3時過ぎと相成った。翌6/1のカオス・クラブランは取り止め。しかし起きると軽度の二日酔いながら好天であるし勾配計も試したい。前日タマさんの店で取り寄せ購入したガエルネのシューズも試したい。というワケで10時過ぎに出発、... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/02 15:42
5/21〜28
 21、24、28と立て続けにコルナゴ小高と峠。Pinarelloで出た21日、走り始めて20分経つと何だかいつにも増してポジションがしっくりしてきた。35分で待ち合わせの笹仁田峠下のコンビニから山王峠の麓に向かい5kmの行き止まりの厳しい上りへ。ここは25Tでヨロヨロしそうな所が2、3ある上に最後にぐぐっと左に小回りしつつド急勾配でダンシングの加減では後輪がスリップする箇所がある。 ガンバレ、小高!!ま、オレも余裕あるワケじゃないが。 上り終え回復を待ってから途中まで3km下りもう一度上る... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/28 20:29
自主リハビリ開始
 なんか「リハビリ」だの「復帰」だのというタイトルが頻繁である。この度は昨年4月の左足首大骨折の際に入れた10本のネジとプレート1枚の取り出し手術で4月14日入院16日手術23日退院〜30日抜カンという行程からの復帰である。抜カンというのはもう一つの日記的ブログの方に詳しいが要するにホチキスでとめてあった傷口の抜糸にあたる。これでぼちぼち運動を始めるわけだ。三週間はスポーツは控えるようにということだったのだが(なにしろ6.5cmx2、4cmx2、3.5cmx3、2cmx3と、これだけの物を抜いた... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/06 13:35
4/5 小沢峠〜山王峠
 本日はColnago小高と笹仁田峠手前のコンビニで10時過ぎ合流。補給後東京バーディの上りを経て成木街道を小沢峠へ。越えて名栗川に出て左に山伏峠を目指す気もあったのだが意見の一致を見ず右折(ま、簡単に同意しちゃったが)、川沿いに7kmほど走ってから右折、山王峠へ。これだけ乗っていないと北側は短いがキツい。リア25Tを使ってしまった(実はフロント36Tですが)。かつては39の21か23だったのに...。下ってコンビニ休憩後小曾木街道を上畑〜下畑と周り岩蔵温泉〜笹仁田峠へと戻り、下った藤崎で小... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/05 18:35
4/3 多摩湖
 多摩湖に行ったら凄い女の子がいた。一輪車のサドルは地上高140cmくらいだろうか。俺は後ろから追い越したんだがその時は普通の子の方が後ろだったので高い子がいきなり目に入り「うわっ」と声が出てしまった。ところで前記述の3月9日以来チョイ乗り以外では30日に吉祥寺のスタジオまで20kmを走ったのみ。本日は土曜の小高君との峠行きに備えてリハビリランの32kmだった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/03 17:57
2008再スタート
 1月5日に小沢峠を走って以来自転車を自粛していた。自分のバンドのCD制作に集中するためで決して寒かったからではナイ。一段落したので昨日3月9日、2ヶ月ぶりに再開、カオスのクラブランに参加した。清瀬から来る皆と多摩湖で合流、岩蔵街道から日影林通り〜山王峠の往復で60km。ちょっとした近場の用事にはピナレロで出掛けてわざわざきつい坂の裏道を上ったりはしていたけれど久しぶりの正式走りは気持ち良かったし、2ヶ月振りのオルベアも普段着で乗っていたピナレロと比べると格段に乗りやすい。という訳でブログ再... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/10 09:26
顔振峠〜鎌北湖など
 12月1日、カオスの丹波山1泊忘年会ランだが翌日仕事のために途中まで付き合う。岩蔵街道で小高君と合流、御岳の先のソバ屋で昼食後2kmほど同行したところに「青梅マラソン折り返し点」の看板があったので誘われここでオレと小高君は引き返す。青梅手前で小高君とも別れて単独行、86km。  4日、入間の病院に骨折の診断書を依頼しに行きそのまま名栗川にでも出ようとテキトウに走ったのだが何度離れても299号に出てしまう。299の飯能から先はサイクリストには悪名高いダンプ街道、道幅も狭い。何処か左折するところ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/22 16:13
峠と平地
 11/24、山王峠を越えて名栗川に出て川沿いを遡上、浅海道で北岸から南岸へ渡って2kmほど引き返し小沢峠を北から越える。山王峠を下りてからコンビニ補給をするつもりがいつの間にか新しい道が整備されて南岸を走る区間がありコンビニは丁度そのあたりの北岸だったので食いっぱぐれた。腹も減ったが商売上死活問題だろうなあ。他にも土産物屋やレストランがあった筈。一体本当に必要な道なのけ?<10/22〜11/4>の項で触れた小沢峠南下のトンネルにしてそうだが。ハンガーノックの気配を覚えつつ、距離は短いが南より大... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/26 20:04
龍勢ヒルクライム
 11日、秩父の第10回龍勢ヒルクライム大会。2年振り、6回目の出場である。県道から右折(北上)して城峯山への約13kmのコースの、一旦下って上るラスト2kmの区間が土砂崩れで通行不能ということでゴールがその下り手前の太田部峠先の平坦に変更。スタート地点がその分県道に約2kmずらされて吉田支所前からのスタートとなった。このレースはクラス分けが半端で我がDは46〜55歳、ということは後4ヶ月で54の俺には普通の50代クラスより不利ではないか。と、まあ最初から言い訳。同行のタマさんも49で同クラスだ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/14 11:07
10/22〜11/4
 10月は5〜18日までKIKI Bandのヨーロッパツアーがあり、4月の骨折がレナード衛藤のツアー前日だったことからもカミサンから10月1日以降21日(レナード衛藤のコンサート出演日)までバイク禁止令が出た。まあ自分でも自粛気分。そして22日は23日ぶりだというのにいきなり峠へ出向いた。山王峠方向に向い、いつもの5km行き止まりでのタイムアタック。実際は4.7km地点で一旦下りがあるのでそこまでを基準にしているのだが17分03秒。骨折前の4月10日の15'09"には遠く及ばないがさすがに公道復... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/05 12:00
富士山スカイライン&定峰・白石峠
9/16、愛知県サイクリング協会主催の富士山スカイライン・ヒルクライムに出た。膝の故障でレースから遠ざかっていたタマさんと、こちらは骨折後初のイベント参加という、言うなればリハビリ戦コンビ。水ガ塚公園下1km地点からスカイライン終点の新五合目までの16km、標高差1000m。コース図は昨年の記事を参照 <http://hayatake.at.webry.info/200609/index.html>下さい。なかなかの勾配のクネクネ道でスバルラインの大々的な大会より短いが厳しい。あちらは5%な... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/24 09:11
オーストリー&いぬふぐり
 オーストリーと言っても自転車旅行やイベント参加をした訳ではない。ザルツブルグとインスブルックの中間くらいにある、ザルフェルデンという山岳リゾート地(らしい)のフェスティバルに出演するため8月24日現地入り。本番は26日で25日が休みだった為バンドの3人(もう一人の巨漢米国人はプール)でレンタルバイクを借り(11ユーロ)自転車道をサイクリング。舗装路だけでなくダートのアップダウンもある。日頃の走り方を忘れ、自転車遊びの原点に戻って中々楽しかった。結構サイクリストは多く、MTBが7割、あとはロード... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/10 12:05
蓼科滞在記
 8/17、3時間の睡眠で出発(勿論車)、茅野で酒と食料を買い込み10時半頃国道299号を麦草峠に向う中腹にある、いぬふぐり会長の山ごもりしている山荘に到着。眠い。荷物を運び込んでまずは旨いトマトとビール、そして馬肉シチューとフランスパンで昼食を摂り昼寝。猛暑の下界とは大違い、毛布をかぶって暫しの熟睡後2時過ぎ麦草峠に向う。かつては麓の芹ケ沢まで下ってから20km強でのタイム計測が慣例だったが最近はここからの約12kmでお茶を濁しておる。山荘を出てからのゆったりアップをふくめて50分40秒で上っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/23 04:30
7月総括
 二日後の25日、狭山湖に近い某周回コースに出掛ける。3km強の中に激坂500m・ダラダラ坂300mが含まれる。一周目のタイムは6'47"、平均心拍154、これは中々良い。なんと今年の3月のある日は6'50"だったのだから。但し心拍は150だった。更にその日は8周走っていたがこの日は3周で切り上げ、その後裏道の急坂を上ったり下りたりしてから多摩湖を半周して帰宅、走行25kmに過ぎぬが上りを沢山やったので満足。  そして27日待望の峠行き。度々書いている山王峠近辺の5kmのタイムアタックコースへ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/07 00:35
再開。
 手術から12週+5日目の今日、遂に正装にての本格走行に出た。ヘルメットにうっすら付いたホコリが空白期間を物語る。オルベアにSpinergy Spoxで魔の多摩湖に向った。家から3.5kmの最後に山口城趾という信号から多摩湖まで直線600mのなかなかの上りがある。快調に上るものの中程で道路工事をしていて片側通行、後続車が来ないうちに抜けようとダッシュしてしまったが特別以前と変わらぬ感触で多摩湖へ。しかし湖岸を走り出すと早くもケツが痛い。それも右のみ。やはり右足の力に頼っているということなのか。バ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/23 16:51
Dura 10
 事故の前に注文してあった、Dura Ace 10速のパーツをようやくOrbeaに組み付けた。ついでながら、事故の時はピナレロだったのだが大きい破損は無し。バーテープ、ペダル、サドルの左側に擦り傷が出来ただけだった。その分衝撃は足首が受け止めたのだな、涙。で、オルベアの試運転にそこらを走る為シューズを手に取ると、なんとクリートの一部が欠けて無くなっているではないか。この頑丈な筈のパーツが衝撃を物語っております。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/19 23:23
リハビリ状況
 リハビリ通院は週3回ペースだったが優秀につき?今週から2回になる。自己トレはほぼ毎日欠かさずやっている。それに一日おきのペースで固定ローラー。40〜45分で最近のメニューは:アップ10分/easy(39X17,HR110〜129)10分/tempo(52X19,HR130〜150)10分/climb(52X12)5分/ダウン10分。40分の時はclimbの5分をカット。easyでの走行は冬場のレベルに近い距離が出るようになってきた。一昨日写真を撮ってみたがまだまだ細いなぁ。ちょっとかがんで力ん... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/08 16:59
手始め
 事故から2ヶ月・退院から1ヶ月が経ち、前途多難だがとりあえずローラー台、スピニングマシンには先週土曜から乗り始めた。一回20〜30分程度ではあるが。左足の分をどれだけ右で庇ってしまっているか分からないがまあまあの感じ。左だけで回してみたりもする。足首をひねるのはまだ禁じられているのとドンと足を着いたりは出来ないから実走行する訳にはいかないが、まともに歩けないのに自転車はイケそうな気がしてしまう。懲りない奴である。  リハビリの甲斐あって入院時にはすっかり筋肉が無くなってのっぺり細くなっていた... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/21 16:47
骨折!!
 前回分を書いた翌日(4/20)に多摩湖で事故、左足首を複雑骨折し入院中。8本のビスとプレートで固定する手術を受け現在順調にリハビリに入っている。詳細は別ブログhttp://gwoh-in.jugem.jp/ の方にあります。 やはり自転車道は危ない。普通の人にとっては歩道感覚だからね。重々分かってはいたのだがまさか対向車(MTBもどきの初老の男性)がヨロヨロとこちら(センターライン有り)に出て来たあげくオレの進路を塞いで停まってしまうとは。相手は無傷、こちらはピナレロと共に見事にすっ飛んだ。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/09 21:33
第12回ツール・ド・草津
 15日、ツール・ド・草津に出場。去年は朝起きたら雪が舞っていたが今年は快晴。前日の午後は強風で試走(5kmの殺生河原まで)の下りがチョー怖かったが風も弱まった。このレースは10時出走と、アマレースの中ではゆっくりなのがいい。10時に今年から新設のチャンピオン・クラス60余名がスタート、そして10分後一般クラス総勢約1100名が3グループ時間差スタート。まずは集団で温泉街を5kmパレード走行してスタート地点に戻るのだがこの最後の区間が勾配がきついので丁度良いアップになる。スタート地点から計測チッ... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/19 12:04
4/7〜11
 7日(土)に前述・麻田さんの仲間達と走った。狭山に7時集合という、カオスに比べて3時間も早い時間。ウチから12kmあるので6時半前に出発、10分前に付いたらもう10人以上集まっている。5分前だが13名で出発、気が早い。入間川自転車道を中心に走り戻って来て朝食〜解散。麻田さんの借りている米軍ハウスに立ち寄って、BSAの500ccバイク2種や57年型ランドローバーに垂唾、室内に入るとこれまたAlanの80年代のカーボンフレームやアレックス・モールトン、Casatiの新作クロモリフレーム、ヴィンテー... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/12 16:48
ヴィンテージ
 4/1、カオス保谷君と多摩湖〜山王峠〜名栗川〜小沢峠〜根ケ布〜多摩湖というルートで75km走り帰宅、シャワーから出たら麻田浩氏(音楽プロデューサー)が「狭山の自転車仲間との花見大会帰り」と古めかしい自転車で遊びに来た。渋いDaytonという英車だが50年代のモデルを英国と個人売買で手に入れたものでレストア車ではなくそのまま乗れる状態だったという。さすが英国人。見た事のない変速機が付いていてリア5段、フロントはシングル。こういうのもいい。レストア待ちのラーレーを見せたら「いいじゃない、これ。街乗... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/03 11:12
100km走
 1ヶ月半振りの更新。乗っていなかった訳ではないがズルズルと忙しさにかまけておった。2月は550km程、3月はレコーディングやツアーであまり乗れなかったが本日100km稼いで480km、これで一応500kmは越えられる。  そもそも本日29日は山王・小沢・山伏などの峠に行くつもりだったのだがファンライド今月号で「100km走る全ノウハウ」というカラー14ページにも渡る特集をパラパラ見ているうちに予定変更。「平坦路はクランクを回し続けねばならぬからアップダウンコースよりトレーニング効果あり」とい... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/29 19:13
マルイシ
 10年経った、近頃放ったらかしのマルイシ・エンペラーを先日手入れ。不調になったRX100のSTIレバーを、何年か前にシマノにオーバーホールしてもらった8速の105STIに換装、ハンドル、ステムはCarreraに付けていたITM、3Tにしてケーブル類もDuraAceグレードに交換。サビも落としてペイント。ブレーキ本体は昨年から古いDuraを付けているがこれはセンター調整機構のないオールドモデルである。本当はいくらデュラと言っても元から付いていたRX100の方が新しいからよく効くのだが形状や質... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/13 21:48
1/26,27
 25日、翌日の下田市民会館でのコンサートの為前日入りで現場リハーサル、26日は2時半会場入りなので朝から走る。まずは海岸沿いに石廊崎まで、18km40分。岬は駐車場から参道を歩くのでパス、そのまま先の差田(さしだ)を目指す。南伊豆は殆ど車も通らずなかなか勾配のきついアップダウンに富んだくねくね道で快適というかゼイゼイというか。  差田から136号を下田方向へ戻り下賀茂から北上、山に入って一条〜大賀茂を経て下田に帰着、メシを求めてのうろうろを入れて48km。泊まりの下田東急は市街から離れた海岸... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/29 00:10
1/16,17,18
16日、いつも峠や多摩湖のアップダウンなのでたまには平坦をと思い立ち、数年振りに入間川自転車道に出かけた。正式には「狭山川越自転車道」なのかも知れない。途中ウルトラマンの衣装で体操をしているヒトがいた。  17日、さっぱり風邪(鼻水、咳)が直らないのでローラーのみ、40分。  18日、Orbeaのクランク165mmが適正なのかどうなのか検証すべく167.5mmのPinarelloで多摩湖へ。やっぱりトルクがかけ易く速い感じがするが気のせいか、こっちの方がフレームが硬いからそう感じるのか。途... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/19 09:23
Orbea近影
 風邪引いちまって乗ってはいるが今イチ。明らかに多摩湖周辺の路面が荒れている上に暴走止めなんだか滑り止めなんだかの赤いダンダラ 舗装があるあたりでは身体に来る衝撃は少ない。しかしスピードの伸びが期待したほどではない。これは10月半ば以降の練習不足・体調・寒さのせいもあるとは思うが新たに採用してみた165mm,50X34クランクが合わないのかも知れない。たしかにここいらの上りでは34は小さすぎて使いづらいがPinarelloの167.5mmよりも回りきってしまう感じがするのも事実。殆どのメーカーの... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/13 11:51
Orbea初乗り
強風の本日、午後まで待っても収まらないので3時に多摩湖近辺に出かけたものの時折よろけるほどの風、インプレッションどころではない。それに何と言っても10月半ばからのトレーニング不足、とても乗り味がどうの、反応がどうのと言える状態ではない。しかし、シーズンオフということでハンドルは高めにセットしてあるがサイズ的には明らかに楽、ダンシングも軽やか、路面ショックの吸収も良さそう。試乗会の時の強烈な印象が薄らいでしまったのは人の常かパーツのせいか。ところで、笑い話っぽいが、派手で下品なDEDAのゴールドの... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/28 00:11
ORBEA Orca
 美しい!!妻が「宇宙人ってカンジ」「違うもんねぇ。もうピナレロ以外売っちゃえば?」 と言うくらい美しい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2006/12/11 20:31
12/2〜3:丹波山村
恒例のカオス忘年会in山梨・丹波山村。今まで上手くスケジュールが合わず奥多摩湖で引き返したことしかなかったが晴れてフル参加となった。9時に清瀬集合、オレは9時15分に途中合流、保谷、小糸、丸山、中原、柳川と6名で走行。青梅街道旧道〜岩蔵街道〜ここで武重さんが追い付いてきて7名〜再び青梅街道に戻り奥多摩駅近くでソバを食ったのが12時ごろか。翌日仕事の武ちゃんはターン。ここからはバラバラ、ここまで50kmほどだったがこの後メシ休憩で乱れたペースとキツくなる勾配のせいで、それに1ヶ月半のブランクのせい... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/12/03 21:58
復帰。
 先月18日の多摩湖45kmを最後に約1週間のKIKI Band国内ツアー、そのまま続いて藤井郷子カルテットの25日間のヨーロッパツアーで全く乗っていなかった。本日リハビリに午後多摩湖へ。しかし結構な強風もあってなかなかしんどかった。いつも30km/hで行く短い上りが26km/hくらい。12kmくらいでようやく身体が馴染み始めたものの20kmほどで左の腰と腿の結合部に軽いツリ。自転車じゃなければこの部位はここまで広い角度では動かないからか、等と考えているうちに消散。寒くなってきたしまあこんなモン... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/11/24 21:12
10/1:塩原ヒルクライム
10月1日(日)3年振りにJCRCのレースに出た。「第2回スポニチ塩原温泉ヒルクライム・ブリヂストンサイクル杯ロードレース大会」、長い名前。今年度JCRCの第7戦。19.5kmの内前半11kmは国道400号で塩原温泉を通り抜ける、上り基調だがアップダウンと平坦の混ざったコース、右折して山に入ってからが本格的なヒルクライム8kmというワタシにはかなり不利な設定のレースだ。まあどのみち有利なんてレースはありませんがね。前日ソフト「カシバード」でざっと高低図を作ってみた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 15

2006/10/02 19:27
富士山スカイラインHC
 9月17日、ツール・ド・あいちの一環「第4回富士山スカイラインヒルクライム」に参加。 表富士周遊道水ケ塚P1km下から新五合目まで約16km平均勾配6.4%だがこれは序盤が緩やかなせいで上の方はクネクネで勾配もかなりきつい。特にラスト2km、更に200mは厳しかった。1時間13分56秒。一応35名参加16位だったが、これは「アタック21」という、全国21カ所の標高差1000m、25km以内のコースを同じ難易度とみなしてタイムを年間集計するというものに連動している。年末だか年明けに... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/18 10:50
蓼科合宿-2
 先月に引き続き再び蓼科に泊まり込む。13日夕方、タダシ君の運転で会長、タマさんと4人で出発、8時半ころ着、早速枝豆〜ビール〜湯豆腐・ワイン・ジン・焼酎等々。とにかく一刻も速く飲み始めるために買い物に立ち寄る時間を惜しんで酒と食料は既にたっぷり用意、満載して来た。すごい熱意だなあ、みんな。明日も雨だというし本当に走るんだろうか。  明けた14日、雨はさっぱり止まずじゃんじゃん降り続ける。グズグズしていたが小降りになった11時、タマさんと二人で出発、まずはここから299号麦草峠への12km。お互... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/16 18:34
ペダル交換
 長年使用してきた名品、TIMEのエキッププロ・マグネシウムから2世代後になる現行のTIME RXS カーボンに換装した。イン・アウトが旧型とは段違いにスムーズでストレス無し、踏み面もシャフトに近くダイレクトで軽い感じ。重量はペアで400gから240gへ、価格も3分の2に下がっておりスバラシイ。クリートも外側3カ所にゴムの突起<ノンスリップ・スタビライザー>を備え歩行出来る。早速カオスのクラブランで小沢峠へ。勝ちました。  2セットある旧型、どうすっぺかなあ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/05 12:00
蓼科合宿
 15日朝出発、昼前に蓼科高原の、いぬふぐり合宿所(会長別荘)着。早速ビール、ワイン、キムチ焼飯の歓待を受ける。そのまま飲み続けそうであったがまずは近場を軽く走った。軽くと言ってもここは国道299「メルヘン街道」:茅野から八千穂に抜ける麦草峠の中腹、上るか下るしかない。1時間弱ポタリング後戻って一休み、夕方改めて麦草峠へ。ここからは12km。晴れて暑かったが上はガスっていて車体は水滴だらけ。頂上まで48分ほどだった。ウィンドブレーカを着込んでの下りは18分。夜、仕事を終えて駆けつけたタマさん... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/08/22 09:32
8/9
 一日籠って曲作りをしていたが相当行き詰まってしまい台風一過の夕方、ぱっと走りに出た。いつもの多摩湖周辺はこういう天候の後だと泥が流れ込んでいたり枝葉が散乱している箇所が結構あるのでやめて狭山湖の方の3km強・激坂500m・ダラダラ坂300mを含む周回路を6周、その後近辺の上りをいくつかこなして計32kmばかり。30日以来走っていない割にはゼイゼイ走るのが苦ではなかった。本場焼き肉キムチパワーのせい?夜飲む前に体組成計に乗ったら体脂肪11%、身体年齢31だとさ。あの暴飲暴食を考えると絶対ウソ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/10 00:59
サイクルフェスタ写真
 7/30のサイクルフェスタ、出場していたOhmaki Speedチームの小野崎選手から写真を沢山送っていただいた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/07 11:42
7/30サイクルフェスタ
 第14回サイクルフェスタ。川口オートレース場の700mオーバルコースを3時間に渡ってひたすらぐるぐる回る。今年も浅倉君と同じチームに加わりオコボレ優勝を狙う。今回は浅倉・飯塚・栗原・早川という4人。昨年は浅倉・中原・早川だったが中原君はオヤブン島さん・川井・保谷のチーム。10時スタート、浅倉10〜11周・早川7〜8周・飯塚7周・栗原6周というローテーションを繰り返した。ライバル島組は5周で交代している模様。相変わらず浅倉君は淡々とマイペース且つブッチギリ。オレは153mmショートクランクの... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2006/07/31 09:52
6月末〜7/10
 美ヶ原以来峠には出かけていない。行き帰りの暑さを考えると億劫なのと次のレースが今月末の平坦(と言うか真っ平ら)なのでもっぱら多摩湖近辺かローラー。6日には新たにロードバイクを始めた若手ドラマーの沼君をその多摩湖のルートに案内した。当方はなんだかんだで40km。その後数日さぼっていたら沼君は7日にも走りに行ったというのでこれはマズイと昨10日55km。サッカーWカップ、ウィンブルドン、そしてツールのライブ放送による寝不足&梅雨などサボリの言い訳に事欠かなかったがぼちぼちちゃんと走らなくては。21... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/11 15:44
ツール・ド・美ヶ原
 出る予定ではなかったのに松本在住の格闘的アスリート丸ちゃんにそそのかされ3年ぶりに出たツール・ド・美ヶ原。やっぱりキツかった。前々日の金曜、備えあれば憂いなしということでインナー34Tを購入・装着。前日会場で受け付け後スタート直後の15%の激上りを2kmほど上るが厳しい。会場から20分ほどの丸ちゃん宅に着いてビールを飲んでからから弱気にもリアカセットを27Tに交換する。そのまま犀川から山に入る近場のコースを案内してもらい軽く10kmほど走ったが実に羨ましい環境。夜は酒も程々にして就寝、4時... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/06/26 18:34
模様替え
前述のサドル交換に加え、クランク回りを一新。デュラエース7700の170mm、52×39(ヒルクライムではTAの38)からスギノのコンパクトクランク167.5mm、50×36に交換した。フロント39に対してリア23,25あたりが21,23相当、今度の美ヶ原の15%勾配に以前はリア27で対処したがこれなら12〜25で行ける。20日早速山王峠方面の5kmの上り計測コースにでかけた。何カ所か25Tを使ってしまうきついところがあるのだがこれなら23Tで行ける。と思ったのだがやっぱり我慢出来ず25でヨロヨ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/22 11:21
第3回Mt.富士ヒルクライム
 11日富士山ヒルクライム、24kmの上り。おのれ、天気予報め裏切りおって。ん、逆か。2,3日前までは晴〜曇だった予報は見事に外れ夜中から雨。止みそうな明るさもあったが7時からのスタート時にはその望みも断たれて、シューズカバーを下山用デイパックに詰めて預けてしまったのを後悔しつつウィンドブレーカーを着たまま出走。昨年は序盤オーバーペースだったのか中盤から経験の無いほどの尻の筋肉痛に参ったので今年はちょっと抑えめに開始。中盤から上げて行く作戦だったが結局のところやっぱり辛くて上がらないのであった、... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/06/16 12:05
5/25〜6/5
5/25は小沢峠。この6kmの上りタイム、実験的に通常より重めのギアで走ってみた。2.8kmまではアウター、その後インナーでも重めを心がけ最もきついところでも21Tまで。まあ強いヒトや小沢に行かないヒトが見ても意味無いだろうけどさ。で、一応今年の最速タイムが出てしまった。近年主流の軽めギア&高回転理論を微力ながら覆しました。やっぱギア選択はコース&人それぞれだね。反対側におりて名栗川をクールダウンで2km北上、戻って小沢を上り直し黒沢〜根ヶ布経由で戻る。61.2km。 5/29、多摩湖で36k... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/06/05 21:55
5/23
本日のルート断面図。A:多摩湖北西武園〜B:南・青梅街道旧道(武蔵大和駅付近)を1往復半すなわち3本やって廻田〜荒幡経由で帰宅、45km。3つ目の矢印はかの梅津氏の邸宅前であるぞ、大河君。たまに立ち寄るが運がいいと奥方のお手製の菓子類にありつける。いつかのおはぎ、旨かったなぁ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/23 17:55
5/14センチュリーラン
SCA主催のCenturyRun=100miles=160km に初参加。フルとハーフ80kmの2クラスあるが初参加者はハーフにしか出られない。吉見総合運動公園をフル74名が7時半から、ハーフ128名が40分から10人くらいずつスタート。吉見から南西に出て反時計回りに川島〜桶川〜久喜〜羽生〜利根川沿いを西へ向かい武蔵大橋から武蔵水路沿いに南下して吉見に戻る。序盤は信号が普通にあるので頑張ってもあまり意味がないのだがずっとハーフのトップで、フルのいいペースの人たちと同行、中盤からは信号も車も少なく... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/15 10:55
5/3,5,6
 3日はPinarelloで青梅・日の出方面。青梅街道〜秋川街道で二ツ塚峠を越える。3kmほどのなかなかいい勾配の道だが平日はダンプが多くて走らない。豪快に2.5km下ったところで右折、北大久野川を遡って山里を抜け梅ヶ谷峠。ここも3kmのいい上り。どーっと下って吉野街道に突き当たって右〜すぐ左折で多摩川を渡り青梅街道へ。市内方向は祭りで交通規制しており暫くは車のいない道を快適に走るがやがて前方から行列と山車が現れ停車。少しずつ進んだが6台は見た。中心部に入る前に小曾木街道を左折、青梅坂トンネルを... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/07 12:16
4月総括
 今週は北陸ツアーがあったので乗れたのは今日だけ。明日は朝から仙台行きなので今月の搭乗は本日で終了。Pinarelloにて小沢峠。向こう側には下りず上でターン、黒沢〜根ケ布〜所沢という4/1のコースの小沢峠北側の上りをカットしたコース。帰路がやけに調子いい感じで随所でスパート。まあ錯覚だろうけどね。近所まで戻ってからやや走り足りずに椿峰に豊富にある短い坂を4kmほど上り下りして帰宅。55km。  今月は月間目標の600kmには届かず475km。先月は645kmであったが。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/29 23:10
4/21,22
草津以来乗っていなかったが21日は先々週と同様にCarreraで小平のスタジオに行きレッスン後多摩湖を走って帰り36km。夜ライブもあるので余裕で走るつもりがやっぱりゼコゼコ。  翌22日は夕方からのレッスンのみだったので山王峠脇の上りをやりにPinarelloで出た。山王への上りの途中から逸れる5kmの行き止まりをヘロヘロ上り、途中まで下ってから一番きついあたりの2km弱をもう一度上ってから帰路に着く。峠の下で元カオス・現トライアスリートの斉藤女史に遭遇。彼女は小沢峠帰り。コンビニ休憩で去年... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/23 11:35
ツール・ド・草津
雪の予報でこりゃ中止か短縮だと思って前夜宿で飲み過ぎ。しかし朝7時に雪は止み晴れて10時からのレースは無事スタートとなってしまった。上は寒かったが風は弱く助かった。 結果:51分22秒、クラス131名中15位。03年の49分09秒の更新には程遠かったが去年よりは1分以上速かったのとゴール前で猛スパート出来たので(だったらもっと中盤頑張れよ!)でまあ満足。一夜明けてケツが筋肉痛です。  写真は下山途中のもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/17 10:29
4/10〜13
 10、11はローラー45分ずつ。アップ10分、easy(39×17、HR110〜129)10分、tempo(52×19、HR130〜155)10分、climb(52×12、負荷を7段階の6番目)5分、ダウン10分。  13日、週末のレース<ツール・ド・草津>に備えPinarelloのホイール、タイヤをセッティング。前輪SpinergySpox、後輪Kijafa という変則にした。この組み合わせが手持ちの中では最軽量だ。軽量の筈のSpox(これももう3代くらい前のモデルだが)だが後輪はキャファ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/14 07:07
4/6,7
 6日は午前中Carraraで多摩湖。西武園〜反時計回りで青梅街道・武蔵大和までを2往復、しかし2回目の復路で空腹の為に中央の橋を渡りショートカット、西武球場前を通って帰宅する。48km。一応人並みに桜を撮影してみた。  7日はレッスンをしている小平・一橋学園のスタジオまで同じくCarreraで向かう。遅刻しそうだったので激走、通常車で40〜45分のところ35分で到着。しかし支度や着いてからの着替えを考えると・・・。 終わった夕方、昨夏に新座から小平に移ったタマさんの店に立ち寄り前日に納車... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/10 16:37
4/1
9:30,Pinarelloにて出発、青梅所沢線を青梅方向へ、岩蔵街道から小曽木街道、東京バーディの峠を越え成木街道で小沢峠を上る。そのまま名栗川に下ってからターン、北側から上り直し、下り途中で右折、トンネルを抜け「松の木通り」とかなんとかいうノンビリした名前とは大違いの結構な勾配の長いワインディングを下り(おまけに両側は松ではなく杉林)再び成木街道を青梅方向へ。ナントカ峠を越えてから南下、所沢方面に方向を変え12:15帰宅。59km。それにしても山で出会ったツーリングのオートバイ、半分がハーレ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/01 22:47
3/29,30,31
 寒さが戻り更に強風吹き荒れた29日。朝、猫のオシッコを採取して検査のため獣医に届けにCarreraで行くがディープリムのせいもあって風にあおられよろける。で、帰ってからフロントのみreflexに替えて多摩湖へ。 仕事の具合やら二日酔いやらで二日さぼったのでこんな天気だが半分嫌々出かける。なにしろ風と寒さで回らず。31.2km。  30日も風強し。昨日のままのCarreraで多摩湖。後半上りで重めのギアを踏ん張ったら左腿がピキっといって軽く突っ張る。昼食後久々にピストを出して市役所出張所や図書... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/31 23:41
キャファで組んでもらったホイールの上り心地を確かめるべく12日山王峠近くの5kmの行き止まりの上りでタイムアタック。しかし現地に着くまでの強風で消耗したか、さほど良くはなかった。昨25日に再度計測、03年からで2番目のタイムだった。一安心。 本日はホイールを普段用のMavicReflex+DuraAce7400ハブに付け替えて、小沢峠〜名栗渓谷〜山伏峠まで行きターン、名栗川沿いに下ってから山王峠を越えて帰る。86km。名栗村の商店の店先にアンティークなペコちゃん人形がおばさんっぽい服を着せられ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/26 18:45
新ホイール
 前述のキャファで組んでもらったホイール、オーストラリアVelocity社のリムにアルテグラのハブ、星の#15スポークという構成。ハブはデュラエースにしたかったが現行品では10速のスプロケットしか使えない。当分10速化の予定もないため9速の使えるアルテグラにせざるを得なかった。それでも机上の計算ではフロント688g、リア914g、これで送料込みで3万ちょい。安い!現在本番用のSpinergy Spox は672g,910g、99年購入時の定価は確か10万数千円だった。この価格差を考えれば少し重く... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/09 07:51
新規参入
ブログ参入。 HPの方はついつい更新がおろそかになっているのでこちらに迅速に書いてみるかと思い立った次第。で、一体どうすりゃいいんだ? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/07 16:22

トップへ | みんなの「自転車」ブログ

晴走雨奏 自転車のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる