晴走雨奏

アクセスカウンタ

zoom RSS 9月後半〜10月前半

<<   作成日時 : 2012/10/23 10:37   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 前項予告の9月22日のいわきでのツーリング、楽しいものだった。前日のライブの企画者だった室井君、震災ボランティアで親交が始まったという横浜の中村君夫妻との4人でいわき市岩間を起点に55km、緑の中のアップダウンや美しい稲穂が左右に広がる平坦路、飽きない気持ちいいコースで信号も殆ど無し。画像
画像

上・妻先行の中村夫妻、二人ともMTBで激走。   上中・新車BOMAの室井君  下・パンク修理を終えた吾輩
画像
 走り始めの時のタイヤ談義で「チューブレス、パンクしないよ」と言ってたのにオニギリ屋さんで休憩後走り出したらいつの間にか鋭い極小石が刺さっていてパンクしていた。チューブレス初パンク、専用キットもあったが結局チューブを入れて対応。夕方には湯本温泉で身体をほぐしたあと沖縄居酒屋に閉店追い出しまで長居した。
 
 30日は「キング・オブ・ヒルクライム富士山」。29日午後現地入り、軽く走る。
画像

 30日、5時半に会場へ。準備〜開会式〜6:30にスタート地点へ自走移動、勾配きつめの4kmの上り。そして7時10分スタート。富士スカイラインを富士宮口五合目まで26.5km、標高差1800m、平均勾配7%、想像以上に厳しかった。6月の メジャー大会「mt.Fujiヒルクライム」は開けている方のスバルラインで24km、我がタイムは1時間27分である。それより2、3km長いだけだな、などと思っておったらとんでもなかった。あちらの平均勾配は5%くらいだがこちらの詳細を出発前日までよく読んでいなかったのと、かつてこのゴールまでの16km、すなわち10.5km地点からスタートの小規模大会で(左足首骨折から半年後でネジ10本入り状態)タマさんに勝った記憶がいつまでも輝いているものだから油断していた。5、6kmまではきついながらもいいペース、と感じていたのだがそれからヨレ始め、9kmで40分。「これで3分の1だから120分か〜」という計算も大甘、やがて臀筋が耐えられないほど痛み出し、次いで腰も辛く、姿勢を変えてほぐそうと立ちコギすれば腿がつりそうになる。残り10kmのあたりで速度は9km/h、「ってことはあと1時間以上この苦行が続くのか」と絶望。腿、脹ら脛、足首など各所が代わりばんこに軽いツリに襲われるし上の方は風があるし、もうよろよろしながら残り距離と時間の計算ばかり。ハンガーノックの気配も。リタイヤしてぇ〜。動けなくなっていたり押し歩きしている選手もちらほら出てきたが兎に角ただただ身体の痛みに耐え脚ツリの恐怖に怯え力を入れられずヘロヘロでゴール。どんなレースでも最後だけはスパートするのだが今回は何も出来ず。2時間30分01秒、クラス84名中38位という悲惨な結果であった。こんなに時間がかかるならエナジージェル等は必携だった。無計画・無想定を反省。それに会場でのウワサでは、2000人の予定が700人しかエントリーしていないのはコースがきつ過ぎて敬遠されたからだそうだ。ホントはこの日は赤城山のヒルクライムに出るつもりだった。うっかり締切りを過ぎてしまいこちらを見つけてエントリーしたのだが来年は気をつけよう。

 さて10月17日、今年に入って数年振りに自転車復帰している「いぬふぐり」会長ことチェリスト翠川氏と実に久し振りに走る。10時半に荒川・羽根倉橋で待ち合わせて荒川自転車道を遡上、東松山森林公園まで。片道42km、往路はずっと前を引いた。会長は「次を左!」などと後ろから指示するのみである。1時間34分で公園ゲートに到着、トイレを済ませターン、ちょっと下にある神社の横で休憩、持参した携帯食と自販機の●ール。
画像
 今となっては珍しい会長のDeRosaメラクのフルアルミ。

 
画像

 ロング缶2本目を飲み干し帰路に備える会長。「いぬふぐり」ジャージ(2作目)は一人で着るのは勇気がいるがこの日はお揃い。
 帰りは2、3回会長が前を引いてくれた。エナジードリンクが効いたようでなかなかのペース。さすがJCRCの平坦レースではポイント賞獲得の過去ある人物。羽根倉橋に戻ったところで85km、自走で新座から来た会長は家まででジャスト100kmだ。オレはここまで車で来た。対抗して100kmにすべく一人で秋が瀬公園を走り始めたがなんだか馬鹿馬鹿しくなって90kmでやめた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
富士は厳しいだろうなとは思っていましたが・・・想像以上の厳しさですね。都内の知り合いも行ったのですが、死ぬ と言いながら帰ってきたようです。
AMBCO小野崎
2012/10/27 22:43
いや、やはり力不足、根性不足、練習不足です。。。それに前夜一人でビジネスホテル部屋飲みってのもアマチュアレースの楽しみ方から外れてますね。やっぱり旅館で宴会だあ!!
hayatake
2012/10/28 00:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
9月後半〜10月前半 晴走雨奏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる