晴走雨奏

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月、ツール・ド・草津など

<<   作成日時 : 2012/05/01 19:28   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 3月は7日の記述以降何も書いていなかったな。子の権現の他はいつも通りの小沢峠〜山王峠や多摩湖、六道山、そして三本&固定ローラー。580km走行、近頃では結構走った方だ。
 4月に入っていよいよ本年初レースの草津に向けて調整。まあ調整と言っても普段と変わらず一週間を切ったらあまりキツい事はしないという程度だが。1日:小沢峠、3日:固定ローラー、4日:六道山〜多摩湖、6日:三本ローラー、7日:小沢峠〜山王峠、8日、10日、13日:多摩湖、15日:小沢峠〜山王峠、17日:固定ローラー、18日:六道山〜多摩湖、20日:三本ローラー。 
 そして21日、小高選手と共に草津に向かう。途中入った蕎麦屋でネギトロ丼セットを食したが、え? いかにも業務用トロを袋からベロっとメシに乗っけたものに蕎麦の薬味の輪切りネギがかけてある。思えばこれがケチの付き始めか。12時過ぎに会場に到着、手続きやブースで買い物をしているとアナウンス、「明日のスタート時は気温1℃、ゴール地点はマイナス6℃の予報です。用意の無い方は今のうちに長袖やアームウォーマーなどの購入を。」ぐえ〜!!更に「早朝雨が降る模様なので上の方は凍結の恐れあり」。。。。。まあまあ日差しもある天気なので取りあえず通行止め手前の殺生河原まで約5kmを上る。しかし寒い。上ってるのに耳が凍える。下りは勿論ガタガタ。さてボッシュの吉田夫妻と合流、温泉にメシ、そして酒。去年は見事な二日酔いだったので細心の注意を払い就寝。
 さあ22日、行くぞ、起床!! ありゃ、雨が。暫くして止んだが先行きは如何に。9時過ぎに自走で会場へ向うと、悪天候の為コース短縮、殺生河原までだと言う。残念なようなホッとしたような。そして集合時間からスタートの10時過ぎまで冷えるのなんの。偶然にもパーカッション田中倫明が近くに居て数年振りに足踏みしながら話が弾むが身体は冷えきる。彼も同じOrbea Orca。さてようやくスタート、5kmじゃあ最初から飛ばすしかない!! と思ったがツライ。冷えたせいか心拍も上がらない。それでも徐々に身体が馴染み、走れて来た。「あと2km」の看板、物足りないような助けられたような気分。よし、5kmなんていつもの峠より短いじゃねえか、スパートだ。と意気込んで辛さを忘れようと踏み込む。と、と、と、ところが、、、ガチャガチャと音がしてペダルが空転、当然ながらフロントのチェーン落ちだと思って回しながら直そうとしたらペダルがロック、失速して転倒しそうになりながら停車。チェーンががっちりとリアスプロケットとハブフランジの間に食い込んでしまって動かない。いくら引っ張り出そうとしてもダメだ。みっともない成績よりリタイアするかとも考えたがどっちにしろ動けないんじゃ仕方ない。焦りながらも色々やっている内にやっと復旧、再スタート。猛然と追い上げる。猛然過ぎて息切れもあったが辛うじてゴールスパートしてフィニッシュ。いやあレース16年目にして初トラブル。乗鞍でスタート整列中にパンクして超慌て超速修理ってことがあったけど。公式タイムは21分14秒69。今までこの地点通過のベストタイムは17分台、二日酔いの去年でも19分台だったので整備不足が悔やまれる。50代クラス351名中119位。メカトラは2〜3分のロスだろう。くーっ!!出発前日に行ったリアディレイラーの調整が中途半端だった。それにアップ対策。かつてはローラー台を持参していたが近年怠慢であった。
画像


 さて気を取り直し、28日は一人で峠に向かう。小沢峠手前で既に足ツリの気配が微かにあった。しかし序盤に強そうな人物を抜いてしまったらピッタリ背後に付けられた。くそ、苦しい。ハアハアと口で息をしていたら虫が飛び込んで来た。吐き出すべくゲホゲホと咳き込んでスピードダウン、その間に抜き返された。その後は引き離される一方。しかしラストのきつい勾配の直線で追い付きかなり差を付けて頂上へ。ここで引き返すつもりだったのだが草津以来の弱気も飛んで気分良くなり名栗川まで下って名栗湖まで遡上した。ダムまでの1kmはかなり厳しい。そのあとはのんびりと奥の方まで3.5kmほど入って引き返す。
画像画像
 そして帰路。調子に乗ったツケで家まで20kmあたりから腿、脹ら脛などに軽いツリが現れ、だましだまし走ることになった。コンビニで入手した「梅ねり」をほおばったせいか重症にはならず。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。「転倒」の文字は我々ファンには怖すぎますよ。しかけたで安心しました。
えっ!ぐえとかの文字での表現が面白すぎます。ライブスケジュール見て、お休みの時は自転車に乗ってるんだろうなぁと思っています。これからはよい季節ですものね。お怪我のないように
それだけは祈っております。
mildkimitake
2012/05/02 03:13
不死身の早川さんに再会できて嬉しかったです、しかもレース会場で。メカトラ悔しいですね。また来年も草津遠征しましょう! トレーニングのフィールドも風光明媚ですね、ORBEAでつるみたいところです。んで、たまには一緒に演奏もできると・・・。
michiaki
2012/05/04 09:42
リザルト見ました。17分台、お見事。俺のベストより1秒速いし、しかもそれも40代でのことですからね。そのうちそちらに遊びに行きたいなあ。
hayatake
2012/05/04 10:50
ご無沙汰しております。
距離が短くなってしまった草津、残念でしたねぇ。。。
ゴール地点マイナス6℃! 寒いと言うか痛い今年の真冬の通勤を思い出しました。

お元気そうで何よりです。
AMBCO小野崎
2012/05/15 19:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月、ツール・ド・草津など 晴走雨奏/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる